1.粉をふるう

木鉢の作業に入る前は必ず粉をふるいにかける。

 

 

1-1

木鉢の下にぬれぶきんを敷き、固定する。そば粉と小麦粉はふるいにかける。 そば粉と小麦粉をよく混ぜる。混ざり具合が悪いと水回しがうまくいかない。

 
ふるいのメッシュは60〜70が適当。メッシュの数値は大きくなるほど網目が細かくなる。
異物を取り除く以外に、粉どうしを合せるという目的も。古い粉は固まっている場合があるので、2度かける。
 
 

俗に「そばは75日」といわれ、種まきから収穫までの期間が極めて短い。だから、農薬なども一切必要ない。種をまいて1週間もすれば芽が伸び、雑草もほとんど育たない。虫が出ても、孵化(ふか)するまでの間に収穫を終えている、という具合だから、病虫害対策などほとんどいらないのである。

本州では刈り取りは種まきから約70日前後、10月の中旬から下旬にかけて行われる。刈り取ったそばは束ね、地干しした後、ハサ掛けする。そして2週間ほどしたら、雑穀する。

 
 
Copyright (C) 2001. soba-salon All Rights Reserved.