5.へそ出し

木鉢の湾曲した部分を使い、左右に転がしながら菊の花を原点とした円錐形を作る。

 

 

5-1

菊練りした玉を、口の部分を手前にして、両手で包み込むように持つ。
左から右、右から左へと木鉢の周縁を転がしていると、口の部分のとがったゆるやかな紡錘形になってくる。力はほとんどいらない。転がしているだけで、そば玉自身の重さにより、自然とこの形になる。力が必要な場合は、加水が足らない証拠だろう。

 
へそ出しは空気抜きのための工程。木鉢の湾曲した部分を使い、左右に玉を転がすだけで、自然と円錐形になっていく。
手でむりやり形を作ろうと、力を加えすぎてはいけない。
 

5-2

そば玉のへそのあった面を下にして、上から軽く手のひらで押える。押えながら左回りに回転させる。裏返してみると、中央部分にわずかにしわが入っているのが見える。これで最後の空気が抜け出したことになる。

 
 
 
Copyright (C) 2001. soba-salon All Rights Reserved.